About us

私たちについて

上質な沖縄の旅をご提案する
プラチナキャビン

About
Platinum Cabin
プラチナキャビンに
ついて

バスイメージ

プラチナキャビンは、上質な沖縄の旅を提供するバスツアーブランドです。移動するホテルがコンセプトの特別仕様のバスで、これまでの沖縄旅とは少し違う非日常空間を味わえる贅沢な時間は、移動時間をも優雅で思い出深いものになることでしょう。
日々の喧騒から離れて、心と身体を解き放ち、素のままのあなたが輝く沖縄の旅をお楽しみください。

Story
ストーリー

沖縄の明るい未来へ。
私たちの旅はまだ始まったばかりです。
代表取締役 – 許田 哲男

代表取締役

「もう会社をたたもう‥‥」

2020年3月、私は真っ白になったバスの予約表を見ながらそんなことを考えていました。

2019年の終わり頃に海外で発生したコロナは瞬く間に世界中に広がり沖縄観光業にも大打撃を与えました。 2005年に父が会社を設立して、貸切バス事業者として堅実に経営を続けてきた太陽交通(旧社名)はコロナ禍という未曽有の危機に直面したのです。

前月まで当たり前のように入っていた毎月の売上が一瞬にしてゼロとなり、まったく先が見通せない状況になりました。
そんな過去最大の危機に直面して私は会社を閉じるか、存続させるかの決断を迫られました。

そして、悩んだ末に、私は会社を存続させる道を選びました。

なぜなら、私は沖縄の未来を信じていたからです。

アジアの中心リゾートとして沖縄はまだまだ発展する大きな可能性を秘めており、いつかハワイを超える日が来る。沖縄の夜明けはまだ始まったばかり。
そんな大きな可能性を前にして、コロナなんかのためにこころざし半ばで退場はしたくない。退場するならやりたいことをやりきってから。それで失敗しても後悔はない。
人生なんとかなる。今こそ沖縄の「なんくるないさー(なんとかなる)精神」を発揮する時だ。

私は腹をくくりました。
逆境こそチャンス。商売はないけど時間だけはたっぷりある。ならばそれを逆手にとって今までやりたかったけど、やれなかったことをやろう。

そこで私は以前から実行したいと思っていた2つのことに着手しました。

一つはハイヤー事業の立ち上げ。

10人以下のゲストをお運びするのはバス事業免許ではなく、ハイヤー業の免許が必要となります。
時代は大規模ツアーから小規模ツアーに確実に移行しており、その流れに対応するためにもハイヤー業の免許取得は必須であると考えていました。
しかし、免許取得には非常に高いハードルが設けられており、手続きのために費やす時間や労力も膨大で、なかなか着手できずにいました。

「やるなら今しかない」

私はそう考えてハイヤー業の免許取得の申請に着手しました。予想通り大変な作業でしたが、コロナ禍で時間はありましたので、忍耐強く時間をかけて申請作業を進め、2020年後半に無事にハイヤー業免許を取得することができました。これにより、VIPの送迎やちょっとリッチな小規模グループツアーや家族ツアーのニーズに応えられるようになりました。

同時に、レンタカー事業として「プリンセスレンタカー」の立ち上げも行いました。運転手を必要としない旅行者のニーズにも対応するためです。
(余談ですが、「プリンセスレンタカー」はわが社の紅一点で皆のマドンナである女性スタッフIさんに敬意を込めて名付けました)

そしてもう一つは「会社のリブランディング」です。

バス業界を活性化させ、沖縄の観光を盛り上げるために、若い人々の力が必要です。
エンタメ思考が強く、オシャレ感度の高い若い人達に魅力を感じてもらうために、時代の空気に合わせて業界や会社もイメージやブランドを変化させていかなければならないと感じていました。
しかし、日々多忙な業務に追われる中、大胆な変革を行うことは容易ではなく、いつかやろうと思いながらも先延ばしにしていました。
そのような中、コロナ禍が起こり、図らずも時間ができたのです。

私は改めて会社の存在意義やブランドコンセプトを見直しました。同時に平成17年の会社設立から長く愛されてきた「太陽交通」という社名を「プラチナキャビン」に変更して、HPも完全リニューアルしました。

コロナ禍で会社は新しく生まれ変わったのです。

コロナは私達から多くのものを奪いましたが、同時に、自分と向き合い、変化するための時間とチャンスを与えてくれた…少なくとも私はそのように前向きに捉えるようにしています。

5年後、10年後に「あの時コロナがなかったら、今の私達はなかった」と笑顔でそう言える日がきっと来る、そのために今はどんなに苦しくても歯を食いしばり耐えぬく時だ、変化を楽しむ時だ、沖縄の未来は明るい。

私はそう信じているのです。

私たちの旅はまだ始まったばかりです。

2005年5月2日に「太陽交通」として誕生し、2022年5月2日に「プラチナキャビン」へと新しく生まれ変わった私たちの進化を、今後も末永く見守っていただければ幸いです。

「Welcome to OKINAWA,Welcome to PLATINUM CABIN ようこそ沖縄へ、ようこそプラチナキャビンへ」

皆様の人生がプラチナのように輝く旅の思い出作りが私たちの使命です。
皆様とお会いできることを楽しみにしています。

Slogan
スローガン

人生が輝く、沖縄の旅

 貸切バス・貸切リムジン のプラチナキャビン

Corporate Philosophy 企業理念

ゲストの心と体が癒され、
幸せを感じる上質なバス空間、
バス体験を提供します。
それにより、
ゲストの人生がプラチナのように輝く
旅の思い出作りに貢献します。

Basic policy
基本方針

  • ブランド価値を高めお客様から指名されるバス会社になります。
  • 人生がポジティブになる沖縄の魅力的な旅に関するモノやコトを発信し、「沖縄ブランド」を通して皆様を幸せにします。
  • 日本で一番スタイリッシュで楽しいバス会社を作り、
    若い人々が魅力を感じ働きたくなる会社を目指します。
  • 業界の人材の活性化・若年化を図り、業界全体を盛り上げます。

Company Overview会社概要

会 社 名 株式会社プラチナキャビンPLATINUM CABIN Co.,Ltd.
(旧社名:有限会社太陽交通)

株式会社プラチナキャビン
(旧社名:有限会社太陽交通)

PLATINUM CABIN Co.,Ltd.


代 表 者 代表取締役 許田 哲男
Tetsuo Kyoda

代表取締役 許田 哲男

Tetsuo Kyoda

設   立 2005年(平成17年)5月2日
資 本 金 600万円
事 業 内 容 一般貸切旅客自動車運送事業(貸切バス事業)
一般乗用旅客自動車運送事業(ハイヤー事業)
自家用自動車有償貸渡業(レンタカー事業)
所 在 地 〒901-0224 
沖縄県豊見城市与根314-11 
ボストンハウス弐番館101号

Company History
沿 革

2005

5月

有限会社太陽交通 設立
マイクロバス2台からスタート

2015

5月

事業拡大のため那覇から豊見城に事務所移転。
大型バス事業免許を取得し大型・中型バス複数導入。

2015

8月

二代目社長に許田哲男が就任。

2020

8月

レンタカー(自家用車有償貸渡)事業の許可取得。
「プリンセスレンタカー」を立ち上げる。

2020

10月

都市型ハイヤー(一般乗用旅客自動車運送事業)許可取得。
ハイヤー事業開始。

2021

6月

コミューター[シャンパンゴールド]を導入。

2022

4月

アルファードを導入。

2022

5月

17年前の設立日と同日の「5月2日」に、
社名・組織を「株式会社プラチナキャビン」に変更。

2023

2月

古物商許可(第 971142300037 号)取得

2023

12月

沖縄県バス協会の会員に認定

Contact

- お問い合わせ -

ツアーのお見積もり、ご予約からツアー内容のご確認、ご相談などのお問い合わせは、お電話またはメールにて承ります。お気軽にお問い合わせください。

tel 050-5447-8644

TEL

050-5447-8644

平日 9:00~18:00 / 土日祝定休

FAX

098-993-6004

mail メールでお問い合わせ
line-logo

プラチナキャビン公式LINEアカウント
からのお問い合わせはコチラから

まずはお友達登録から